行政書士試験に合格した僕の勉強方法

行政書士試験に合格した僕の勉強方法
試験に関する相談をする

トップページ 上手な資格予備校の使い方とは

上手な資格受験予備校の使い方とは

こんな使い方もある

例えばこんな人、いませんか?

こんな気持ちの人、実は結構多くいらっしゃると思いますよ。。(何を隠そう、1年目の僕がそうでしたし)

こんな場合には、以下のような予備校の使い方をお勧め致します。


模擬試験の受験を中心とした利用方法

大手の予備校では、本試験の前に必ず数回の模擬試験を実施しています。この模擬試験は、予備校の生徒以外の人間も受験可能なものですので この模擬試験を、自分の実力の度合いを測るバロメーターとして利用する事が出来ます。

ただし、予備校によって、試験後に講師から問題の解説が行われる所と、単に解説冊子が配られる所とあります。

まぁ、1回の受験あたり3000〜5000円位しかしませんので、2〜3校の模擬試験を受けるのも良いかと思います。実戦練習は数が多いほど良いですからね。


オプション講座の利用

予備校の講座は、通常、一貫した授業を行なう講座が一般的ですが(ですから、授業料も高いですし、スケジュールも決まっているんですね)、 それ以外にも、

など、特定の弱点のみを攻略したい人向けの講座が用意されています。この場合も、独学の人や再チャレンジの人向けと言えるでしょう。 (金銭的にも時間的にも受講しやすいので、社会人の方向けとも言えます)


直前対策講座の利用

どんなに試験勉強をきっちりしている人でも、試験が近づいてくる程に不安になってきます。。(独学なら特にでしょうね・・)

そんな時に積極的に利用したいのが、直前講座です。

具体的には、

など、直前にここだけは必ず押さえておけ、というポイントに絞った講座が試験直前(大体、1〜2ヶ月前位かな)多く出てきます。

こうした講座は正しく直前に突発的に行われことが多いので あらかじめ発表されるスケジュールには載らない事が多いですが、非常にためになり、自信に繋がりますので、可能であれば受講する事を オススメします。

受講料も¥3000前後のものが多く、受講時間も2〜3時間程度ですから、多少他の予定を押しのけてでも受講したいですね。(僕はそうして 受講しました。だって不安だったんですもの)




copyright© 2006- 行政書士試験に合格した僕の勉強方法 All Rights Reserverd. 当サイトの許可なく、サイト内記事の転用の一切を禁じます。