行政書士試験に合格した僕の勉強方法

行政書士試験に合格した僕の勉強方法
試験に関する相談をする

トップページ テキストの使い方、次々と・・

試験勉強の際のテキスト、参考書の使い方

新しい参考書を次々と買っちゃう?

テキストは、本当に、本当に様々な出版社、予備校、通信講座会社などなどから、それこそ腐るほど売られています。

一般的に「1つの参考書・テキストに絞って勉強しないと効率が下がる」とか、「他のテキストへの浮気はダメ」などと言われますよね。

まさに正論ど真ん中ですね。言い分としては分かる!!

でもその一方で、やはり質の悪い参考書や、その年の試験傾向に完全に対応できてないテキストが多いのも事実。。

しかも、悪い事に、そういうテキストも、実際に使ってみてそういう実態がはじめてわかるんですよね。。。


テキスト選び、僕の経験は

最初に正直に言っちゃいます。。僕は、テキストを次々と買っちゃってました・・。いけないですよねぇ・・。でも、適当に買ってた訳ではないんですよ。主な理由(言い訳?)としては、

勉強ばかりじゃダメで、時には休息も必要と自分に言い聞かせて本屋に気晴らしにいったりとかしません??

でも、やっぱりちょっと試験の事が気になっちゃっていて、ついつい、試験専門書コーナーに足が向いてしまうんですよね。

そこでペラペラと参考書を見ていると、「おっ、この本良いかも!」なんて思っちゃってたりしません???

結局、こんな負のスパイラルにはまっちゃった時、どうすればいいの??って事ですよね。


分からないポイントを把握している上であれば良し

そういう状況に陥っても、悲観する事はありません(まぁ、悲観するだけ時間の無駄というのもありますが・・・)

試験傾向に対応しきれていない本の場合も、ぶらりと立ち寄った本屋で良さげな本を見つけた場合でも、結局、今使っている本に何らかの不満があることが多いです。。

その判断基準としては、今使っている本で、「分からないポイント」はどこか?という事です。

なぜ、あなたは本屋で「この本良いかも?」と思ったのでしょうか?今使っている本で分からない部分があり、その部分を新しい本ではきちんと分かりやすく解説されていて良いかもって思ったのでは?僕の場合はそうでした。。。

そういう場合であれば、買ってしまって良いと思います。(特にこのページで詳しく紹介していますが、この1冊で合格系の本を使っている人はある程度勉強が進んだら、参考書は変えるべきです)




copyright© 2006- 行政書士試験に合格した僕の勉強方法 All Rights Reserverd. 当サイトの許可なく、サイト内記事の転用の一切を禁じます。