行政書士試験に合格した僕の勉強方法

行政書士試験に合格した僕の勉強方法
試験に関する相談をする

トップページ 資格合格へ!夏も勉強、勉強

資格試験合格へ向けて、夏も勉強、勉強!

資格試験予備校の模擬試験を解きまくる!

予備校の講座を受講する場合でも、幾つかの受講形態があって、大きく分けて

になると思います。(学校や講座によっては、自宅のPCを使って受講できるストリーミングやオンライン講座がありますが、当サイトではそれらを通信に含めます)

僕の受講スタイルはビデオで、これは、予備校に通学して、そこに設置してあるビデオブースと呼ばれる視聴室で受講する形態です。(雰囲気的には、学校にあったパソコン室、視聴覚室と言えば分かりやすいでしょうか??)

通学と大きく違うところは、通学の場合、講座ごとに時間割が決まっていて、その時間に合わせて予備校まで通学しなければいけないのですが、 ビデオの場合は、事前に自分で都合の良い時間帯に予約をしておき、それに合わせて通学できる点です。

学校によっても違うのかもしれませんが、通学クラスで行なった授業をビデオで録画しておき、それをビデオクラスで使用しするタイプのものですね。

ですので、ビデオクラスの難点としては、通学クラスよりも1週間くらいカリキュラムが遅れることでしょうか?(まぁ、テープの準備とか、いろいろあるんでしょうねぇ〜)

因みに、僕は受講しませんでしたが、僕が通った学校の当時の通信クラスを受講する場合は、ビデオ自体を購入するような形になるみたいです。(その分、受講料も結構高かったなぁ)


僕の試験勉強の戦略:カリキュラムとローテーション

さて、既に大学も夏休みに突入していた僕は、早速週2回(月曜、木曜)のペースで模擬試験を解いていきました。

授業1コマあたり3時間。ただ、この時間内に回答も全て行い、解説をビデオで見なければいけないので(因みに、問題を解いている間もビデオは再生しっぱなし)、時間の余裕はあまり無かったですよ。

予備校では、ひたすら真剣に問題を解くだけ!真剣に解いて、自分の弱点をあぶり出し、その後、自体でどの様なフォロー学習をするかが重要だと当時は考えていました。。


僕の場合、具体的には、

と言う作業を繰り返してました。

そうしたインプットの後、再びその模擬試験を解き、(つまり、月曜日に解いた模擬試験を金曜に再び解き、木曜の模擬試験を火曜に解いていた) 知識の再確認を図っていった訳です。


自分で問題を作っていた・・・

初めに言っておくけれど、これから紹介する方法はあまりオススメしません。

オススメしないのになぜ紹介するんだというのはごもっとも。

理由は、僕の行なってきた勉強方法があなたの反面教師になるかも知れないからです。。(我ながら、非常に無駄な回り道のような勉強をしてきたなぁと思っています。だから合格までに2年もかかったんですね・・)

で、どんな事をやってきたかと言うと、間違えた問題をリストアップし、どの箇所(どのポイント)で引っかかり、間違えたのか?を把握した後、A4ノートの見開きの右側にそのポイントをまとめて作成した問題を、左側にそれに対する回答を書いて繰り返し解いていました。

当時何故思い至らなかったかは今も不思議ですが、これをやる位なら、先述した自分専用参考書をしっかりやりこみ、間違えた過去問題集のページに付箋でも付けりゃ良いんですよ!。

そうすれば、勉強を積み重ねていって、その問題を完全にクリアした際に付箋を剥がすだけでいいんですからね。




copyright© 2006- 行政書士試験に合格した僕の勉強方法 All Rights Reserverd. 当サイトの許可なく、サイト内記事の転用の一切を禁じます。
top相互リンク:育児の相談