行政書士試験に合格した僕の勉強方法

行政書士試験に合格した僕の勉強方法
試験に関する相談をする

トップページ 1年目の結果は?

行政書士試験本番、1年目の結果は?

国家試験は初体験の方、できれば1週間前に同時刻で下見を!

試験会場は埼玉大学、13時から試験開始だったので、会場には遅くとも12時には到着すべく当日は8時に起床。ばっちり食事を取り、いざ出発!

僕は事前の下見をしていましたから、場所自体には何の問題も無く余裕でたどり着けましたが(とは言え、試験当日は、最寄の駅から試験会場まで受験生と思しき人だかりが発生していますから、下見無しでも問題ないとは思いますが、とりあえずそれは自己責任で)

ただ正直、なんだか、この時点で「あ、本当に試験が始まるんだ」とドキドキソワソワ浮き足立っちゃったのは確かです。


いざ、試験開始!

正直に言いましょう。。本番中、頭が真っ白でした。。。いや、違うな、、もう少し詳しく言うと、何となく、気分が高揚し、地に足が着いていない、興奮した状態でした。当然、100%の力を試験にぶつける事ができないかったように思います。。

いつもだったら「こんな問題楽勝だぜ!!」というような問題も、思考回路が正常に回っていなかったように思います・・・。初めての実戦、自己採点するまでも無く「完敗だな・・・」って感じでしたね・・。


予備校の発表する回答

各資格試験には、毎年、試験当日の18:00〜19:00頃から、それぞれの資格試験予備校で「回答速報会」なるものが行なわれます。試験前は、その速報会に参加する気満々でしたが、その年はご存知の通り、「完敗ムード・・・」家に帰ってからネットでチェックする事にしました。。

時間差がありますが、予備校のウェブ上で回答はチェックできますからね。

因みに、試験は15時(か、もしくは15時30分だったかな〜・・?)に終了するんですが、早く問題を解き終えた人(あと、試験途中であきらめちゃった人)は途中退出が認められているんですね。

でも、その場合は試験問題を持ち帰る事ができなくて、本来の試験終了時間まで待たなきゃいけないんですよ。(これ豆知識。だから予備校の回答速報会も試験終了時刻まで問題を見られませんから、そう考えるとかなりの突貫ですよね〜)

まぁ、僕自身はフルに時間を使って試験問題を解きましたけど、途中退出者は問題を持ち帰れないと聞いて「何でかな〜?」とは思ってたんですよね。。

憶測ですけど、早い時間帯に試験予備校側に試験問題を渡るのを防ぐ意味もあったんじゃないですかね〜?(いや、本当にところは知りませんよ?憶測ですので・・・)


回答速報会の注意点

上↑でも言ったとおり、試験終了が15時30分頃で、速報会がその日の18時位(勿論、各予備校によってばらつきがあります)から始まるんですが、問題自体が試験終了まで手に入りませんので、予備校側は2時間弱位で、問題を調べながら解いていって、きっちりとした解答&解説を作らなきゃいけません!!

でも、国家試験って、基本、落とす為の試験なので、複数回答が出たりするぐらいの、えげつない問題、きわどい問題も珍しくないんですよ。

当然、予備校側も大変です。毎年、各予備校の解答に数問ばらつきがあったりしますし、例年、後日、訂正が出されたりしています。

ですから、速報会で出された回答で、もし、合格ラインにぎりぎり届かなかったとしても、ひょっとすると速報会の回答ミスがある事を忘れないで下さいね。

合格できてるかもしれませんよ!




copyright© 2006- 行政書士試験に合格した僕の勉強方法 All Rights Reserverd. 当サイトの許可なく、サイト内記事の転用の一切を禁じます。
top相互リンク 恋愛相談